煙突(焼き物の町らしい常滑の風景等)や急須、常滑のその他の風景などの写真を定期掲載
                                               常滑焼通販と常滑観光情報炎の宴全体表示

 
かつては、こんな感じで煙突から煙や炎が常滑の空を焦がしていました 中にはこんな変わった八角煙突も


昔常滑では「すずめや洗濯物まで黒かった」の意味がわかる煙突から煙の図 実は最後の窯焚きの煙です

 
窯の焚き口から薪をくべる 何度もくべて何日も焼く          炎が焼き物を育む様子 焚き口から覗く


小西洋平氏 「急須100選」作品の抜粋(8点) 常滑を代表する陶芸家 30年程前の作品です
この100選の急須が当時常滑の急須作家に多くの影響を与えました 焼き物はやがて歴史となる 

 

 

 


常滑焼きで時にはこんな演出してみても、ちょっと小粋かな
 
手前味噌ですが、コーディネートは当WEB運営の永田です  もうすぐ夏 ふたりでお茶を楽しむ タイトル「愛茶 ラバーズ・ティー」


夕方の常滑駅近くで、ひさしぶりに虹を見ました

ホームへ戻る   ※<直接このページへ来た方は>常滑焼通販と 常滑観光情報炎の宴ページ全体へ